趣味情報の整理−3

趣味の作品は写真に撮って残しておきたいもの。実際デジタルカメラで撮影している方も多いことでしょう。わたしもそのひとりです。とくにスロットレーシングでは、苦労して作ったスロットカーが、走らせた途端コースから飛び出して壊れてしまうことがあるので、かならず走行前に撮影しておかねばなりません。(冗談ではなく)

デジカメで撮った写真はパソコンのディスク上にディレクトリを作って保管していました。しかし、しばらくすると取ってあることすら忘れてしまい「たしかあのとき撮った写真があったはず」と思っても、目当てのファイルを探し出すのは大変です。そこで、写真もすべてMMLIBに取り込むことにしました。

一応、写真はディレクトリごとに区別してあるので、対応するフォルダ(左図では photo 3)をMMLIBに作ります。そして、画像ファイルをすべて選択して、保存したいフォルダにマウスでドラッグしていきコピーします。
すると「新規データ」ウィンドウが開きます。「名称」欄にはファイル名が自動的に入力されますので、ここで変更してもいいですし、あとで「情報変更」することもできます。

右上の「保存」ボタンを押すとMMLIBに登録されます。写真の枚数だけ保存すれば終了です。最後に「閉じる」ボタンを押してください。

こうして登録されました。縮小画像をダブルクリックすると原寸で表示されます。
他の写真もどんどん読み込ました。「保存」ボタンをカチカチと押していくだけなのでカンタンです。
画像を選択して「ファイル」メニューから「エクスポート」すればファイルとして保存することができます。

つまり、いつでも元の画像ファイルとして取り出すことができるので、取り込んだ画像ファイルはすべて捨てることができました。

また、フォルダごとエクスポートすれば、イベントの参加者に当日の写真をひとつのファイルにまとめて配布することもできます。写真をばらばらに渡すか、小さなアルバムに収めて渡すかの違いですね。

こうして整理すると、なつかしい写真も出てきます。「最初はあのクルマのボディもきれいだったんだなぁ」。(苦笑)

December 2002