Japanese - English  
Masatsugu Sakurai  

サクライ マサツグ
櫻井正次

吉正電子株式会社
代表取締役


略歴
1951年01月 愛知県名古屋市に生まれる
1966年03月 私立東海中学卒業
1969年03月 私立東海高等学校卒業
1973年03月 早稲田大学教育学部数学科卒業
1973年03月〜1976年03月 ソフトウエア会社勤務
1976年03月 吉正電子創立
1978年10月 吉正電子株式会社設立
代表取締役として現在に至る
1997年04月 神戸大学大学院自然科学研究科博士課程入学
2000年03月 同博士課程修了。工学博士学位取得

技術経歴
池先生の「世界を一人で歩けるソフトエンジニアになれ」という言葉がこの世界への招待でした。それは、私にとって絶好の目標となりました。
(昭和)
48年4月-49年4月
株式会社システムランド(近藤社長、故池孝三専務、小川取締役)にて、富士通株式会社蒲田(システムラボラトリ)に出向し、トヨタ自販株式会社向けミニコンU−200オンライン1号機のメインプログラマを小川取締役のもとで開発。開発システムTEXASトヨタオンラインマルチリアルタイムTELEX配信、集信システムを開発。
49年4月 ソフトウエア情報開発株式会社にて、日本ビジネスコンピューターに出向。TOSBAC1350のMDES(MALTI DATA ENTRY SYSTEM)の1号機のオンラインメインプログラムのメインプログラマーとして、当時の木島課長、間仲係長のもとで開発。
ちょうどそのとき、当社の千田取締役が慶応大学工学部を卒業して、JBC(日本ビジネスコンピュータ入社)ファイル>マスターの処理で、同プロジェクトにつく。
日東興業株式会社伊豆国際カントリークラブ、ゴルフ場マルチリアルタイム総合管理システム。このシステムはベストセラーパッケージとして日本で最も売れたTOSBAC1350の代表的な最初のソフトとなった。
50年1月 同社にて、ホリデーイン成田向けマルチデータエントリーホテルシステムのメインプログラマーを受け持つ。
49年9月 中外製薬株式会社の生産管理システムを、JBC、大島係長のもとメインプログラマーとして開発。
50年4月-52年4月 郵政省オンラインキャシュデスペンサーシステムの開発SE
51年3月 吉正電子創立
52年 防衛庁、護衛艦修理計画スケジューリングシステム
52年-53年 パソコン給与計算システム作成
人事管理システム作成
賞与システム、年末調整システム作成
人件費、シミュレーター作成
会計システム作成
小口現金システム作成
税算出シミュレーター作成
社員スケジュール管理作成
住民税管理システム作成

研究活動
研究・論文・学会発表

所属学会
・ AES (AUDIO ENGINEERING SOCIETY)

■趣味
・ パソコン
・ オーディオ&ビデオ
モータスポーツ

関連リンク
会社広報誌
神戸大学大学院 自然科学研究科 安藤研究室
みやまコンセール
鹿児島大学工学部建築学科 環境工学研究室(黒木研究室)

電子メール
saku@ymec.com