| Japanese | English |

マイクの周波数特性の補正
(オーディオ測定レポート4)

自宅のリスニングルーム測定は、プロ用機材を使わずに手軽にやってみたいところ。今回はマイクの較正を行います。

 

 
計測日 2002年10月25日
スピーカー Omni-directional speaker, KENWOOD OMNI 5
マイク SONY ECM999
マイクアンプ SONY DAT WALKMAN TCD-D100
ノートパソコン DELL INSPIRON 5000e
OS: Windows 2000 Professional
測定分析ソフト DSSF3
録音のボリュームコントロール LINEが指定してあります。DATの出力が、パソコンのLINE INに入っているからです。これはRAの入力デバイスでLINEを指定すると、このような選択に変更されます。

再生のボリュームコントロールです。これは設定が必要です。不要なLINEやMICはミュート(消音)します。ここでLINEやMICはミュートしておかないと、入力をそのまま出力してハウリングを起こします。出力はWAVEですから、それ以外はすべてミュートしてください。ただ、WAVEはWindowsも出力で使いますから、測定中はメールの着信音など、すべて音の出るソフトを止めなければいけません。測定プログラム以外は終了させておくのが確実です。Windows自体も音を止めて、無音の測定機になってもらいます。

マイクのキャリブレーッション(較正)を開きます。

EDIT(編集)ボタンを押すと編集画面が現れます。そこで、10000(Hz), 5(dB)と入力すると周波数カーブが上を向きます。

周波数特性を入れるためにピンクノイズを出し、現在の周波数特性を1/3オクターブ分析で表示して見ます。

シグナルジェネレータでピンクノイズを出しました。

1/3オクターブ分析結果です。これをプリントアウトして結果を入れてみました。

動かしたくないまっすぐなところをまず入力します。100,200、1000、2000、4000、5000、に0dB 100,1000、は最初から入っていますから残りをひとつづつ 周波数、と0を1対でセットします。その後 周波数カーブを作るために10Hzを−15dB、60Hzを-10dB 、160Hzを-5dB 、250Hzを-3dB、400Hzを-3dB、16000を-10dB、20000Hzを-16dBといれます。それはこの周波数カーブを前にとった周波数のパワースペクトラムに合わせました。合わせるといっても20dBまでの補正にとどめました。

補正したマイク特性を使用して暗騒音の1/3オクターブ分析です。

補正したマイク特性を使用して、ピンクノイズの1/3オクターブ分析を再度行ってみました。

これ以上の補正はむずかしいようです。マイクとスピーカーすべての周波数特性を示しているので、この設定はいつでも選択できるように残しておき、マイクの特性図の値を入力してみます。今度測定される1/3オクターブ分析は、スピーカーの周波数特性になります。

最後にマイクの特性図をつけておきます。

上の周波数特性表を見て、特性のカーブが同じになるように入力してマイク補正として保存しました。

 

October 2002 by Masatsugu Sakurai